女性が出会い系を利用して特定の男性と親しくなっても、個人情報をすぐに教えたりしてはいけません。
そして、メールのやり取りは納得いくまで行い、相手がどんな男性か十分理解するようにしましょう。

真面目な出会いを求めている…と言っていたとしても本心は定かではない…というより、出会い系に登録している男性で下心が無い男性を見つけることはかなり困難です。

メールのやり取りの中で判断するとしたら、「割りきったお付き合いの相手を探しています」とメールしてみるのはどうでしょう?
「僕もそうなんです!」とノリノリで返事が来た相手は除外ですね。

それから、頑なに「純粋なお友達が欲しいので、会おうとは全く思っていません。」と拒むのはどうでしょう。
下心満々な男性なら自然とフェードアウトになるでしょう。
そうして振り分けていくのが確実かもしれませんね。

出会い系で知り合った人と会うということになったら必ず日中、人通りの多い場所にして下さい。
もしもの時に、誰かに助けを求められる状態にしておくのです。

喫茶店などに入る場合でも、並んで座るような所ではなくテーブルを挟んで向かい合う形がいいですね。
隣に座られて、変に引っ付かれたり触られたりしても困りますからね。

入る店は、あなたの知っている店にしてください。
「良い店がある」と誘われても、薄暗い個室だったりするとよくないですから。
とにかく初対面では2人きりにならないことです。

どんな危険があるか分かりません。
出会い系では特に自分で自分の身を守るということが重要です。
慎重すぎるくらいでちょうどいいのです。